手洗いとうがいが重要|ノロウイルスの対策法を知ろう

頭痛

手洗いうがいが大切です

マスク

手洗いうがいが必要です

ノロウイルスの対策で、もっとも簡単なことは、手洗いうがいです。これはノロウイルス以外のインフルエンザや風邪にも効果的であり、病気の予防としては、一番簡単で適切です。手洗いは、細かく行い、一度石鹸などで手を洗ってから、水でしっかり洗い、もう一度石鹸などで洗い、二回洗うことで、効果が高まります。長く手洗いをするより、二回手洗いを行う方が効果があります。ノロウイルスの対策には、アルコール消毒は効果がなく、次亜塩素酸でなければ、ウイルスが消えません。ノロウイルスにかかってしまうのは、ドアノブや水道の蛇口など、共同で使用する所からの二次感染が多くなっていますので、アルコール消毒だけではなく、次亜塩素酸で消毒することが必要となっています。生牡蠣などから感染することが一般的と言われていますが、二次感染でかから方が多いので、しっかりとした対策を行わなければなりません。ノロウイルスに感染した方の嘔吐や下痢には、処理する際に、次亜塩素酸を用意して、手袋などを着用して処理しましょう。感染力が強いので、素手などで触ってしまって、そこから感染してしまう可能性もありますので、処理する際にも気をつけましょう。感染力がとても強いので、病院や介護施設、保育園や学校などでは、一人が感染してしまうと、集団感染してしまう可能性がありますので、感染した際は、学校や仕事を休み、二次感染しないように防ぎましょう。対策により、集団感染は防げます。また、ノロウイルスと同じように感染してしまうとされるインフルエンザも、しっかり予防することが大切となります。インフルエンザを予防する方法にも様々なものがありますが、効果的とされているのがワセリンです。ワセリンは、保湿効果があるため肌の乾燥を防ぐことができます。肌が乾燥しやすいと体の粘膜が弱ってしまいウイルスの繁殖にも繋がってしまいます。そのため、鼻やのどなどの部分にワンセリンを塗って予防するとよいでしょう。また、万が一インフルエンザにかかってしまった場合は、早めの診察が重要となります。そのため、すぐに病院へ行き医師に診てもらいましょう。

ウィルス

冬場に大切な手洗い

ノロウイルスは、とても感染力の強いウイルスです。冬場に流行することが多く、胃腸炎や下痢を引き起こします。特に小さな子供や高齢者にとっては重症化しやすいので、十分な注意と対策が必要です。ノロウイルスの感染源・感染経路、そして予防方法について正しく理解していきましょう。

男の人

手洗いうがいで撃退しよう

手洗いやうがいをすることでノロウイルスのリスクを減らすことが出来ます。毎年多くの人がこのノロウイルスに感染し、体調不良を引き起こしてしまいます。そんなノロウイルスに感染しない為にもしっかり知識を蓄え、自分で感染のリスクを軽減し対策しましょう。

細菌

2〜3週間は注意が必要

ノロウイルスは感染力が強く、大変恐ろしいウイルスです。潜伏期間は24〜48時間程で、その期間から感染力があります。そのため本人も気が付かないうちに他人へ感染させてしまう事があります。二次感染を防ぐには対策が必要で、手洗いやうがい等をしっかりやりましょう。